京都と本と、ときどきネコ

いつもおいしく楽しく!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

のし紙

この週末は友達の誕生日プレゼントを購入しようとデパートへ。

誕生日プレゼントは基本
『ほしいけど自分ではなかなか買わないもの』で
『友達の好みに合いそうなもの』を
選ぶように心がけているのです。

デパート内を物色していたら
友達が好きそうなものがあったのでその品を買うことに。

贈り物であることを店員さんに伝えると
リボンか熨斗紙をつけることができるとのこと。

リボンより熨斗紙のが友達に渡したとき
おもしろいリアクションが得られそうだったので
熨斗紙をつけてもらうことにしました。

で、包装してもらってたものを見たら
包装紙の上にではなく箱に直に熨斗紙が貼ってあった。

熨斗紙って包装紙の内側なんか~?
って疑問だったのでネットで調べてみたら
一般的には外のしだけど
配送してもらうとか熨斗紙が破れたり汚れたり
する可能性がある場合には
内のしにすることも、ってことでした。

熨斗紙が汚れたらいかんだろってことで
店員さんが気を利かせてくれたんかなと思って
ちょっとうれしくなったのでした。

いや~冠婚葬祭のことって知らないことがいっぱいだな…
そろそろ知っとかなくちゃ、恥かくときがきそうだな、
とも思った週末なのでした。
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。