京都と本と、ときどきネコ

いつもおいしく楽しく!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

揚輝荘

RIMG0038 - コピー

名古屋、覚王山にある揚輝荘(ようきそう)に行ってきました。

RIMG0048 - コピーRIMG0046 - コピー
RIMG0017 - コピーRIMG0018 - コピー

揚輝荘は、松坂屋の初代社長・伊藤次郎左衞門祐民の別荘です。

鈴木貞次設計のお座敷、伴華楼(ばんがろう)。
煙突の市松模様がかわいいです。

RIMG0021 - コピー

部屋の壁にはお餅をついてるうさぎさんのレリーフ。


RIMG0020 - コピー

解説用パネルには京都、祇園祭の山鉾巡行の写真!
(wikipediaでさっき知ったのですが、新町六角下るの仕入店、
今年解体されたのですね。知らなかった…涙)


RIMG0043 - コピーRIMG0042 - コピー

園内にはお稲荷さんも。


RIMG0029 - コピー

修学院離宮の千歳橋を模したといわれる白雲橋。


RIMG0037 - コピーRIMG0039 - コピー

白雲橋には手彫りの擬宝珠があったり、
天井には龍の絵が描かれていたりして、かなり凝ってました。
トップの写真は白雲橋から撮りました。


RIMG0031 - コピーRIMG0016 - コピー

池泉回遊式庭園の造りなので、池のまわりをグルグル歩けます。

揚輝荘は日泰寺のおとなりさん。この後日泰寺でお参りして覚王山を後にしました。

スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。