京都と本と、ときどきネコ

いつもおいしく楽しく!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

ひらがな暦/おーなり由子

ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記
(2006/11/16)
おーなり 由子

商品詳細を見る


今日から2月。
2月は如月。
「梅つ月(うめつつき)」、「雪消月(ゆきげづき)」ともいうらしい。
2月は新しいことを始めるのによい月といわれているので「令月(れいげつ)」とも。

本には、それぞれの日のできごとや行事と、短い文が1ページにつづってあります。

2月1日は「凍る月」

駅から帰る道。
凍るような夜空におどろいて、うえをむいて歩きながら、あんぐりと、口がひらいてしまった。
黒々とした空には、雲がどこにもなくて、かじかんでちぢんだような、ちいさい星と、だまりこんでる、冬の月。
はーーっと、息を吐いて白い雲をつくってみた。
月が、あんまり、さびしそうだったから。

スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。