京都と本と、ときどきネコ

いつもおいしく楽しく!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

夜明けの街で

夜明けの街で (角川文庫)夜明けの街で (角川文庫)
(2010/07/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る


印象に残ったのは
「出来そうもないことをやろうとしたり、あわてて結果を求めたりしたら、
必ず破綻がきちゃうんだから。何もかも自然に、流れのままに。」
という言葉。



久しぶりに読んだ東野圭吾はミステリー小説であり、不倫小説。

なんだかなぁ~。
って思わせたくて書いたんなら作者の思惑通りだな。

次はピュアな恋愛小説かケラケラ笑えるような本読みたい。
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

これ読もうかなぁと思ってるんだけど。
なんかもやもや?
本読まないあたしだけど東野作品のみ
定期的に読んでるんよねぇ~

あと。阪急電車が気になる!!

まめ | URL | 2010-08-17(Tue)22:38 [編集]

☆まめちゃん

阪急電車、私も気になる!
映画化されるんだっけ?

あにす | URL | 2010-08-20(Fri)00:36 [編集]

こんばんわ~♪
これ、こないだ本屋に行ったら一位になってた!
やっぱり面白いですか?
不倫もの、嫌いじゃないです^^;
…が、身近では何事もなく過ごしたい(笑)

まぁみ | URL | 2010-08-24(Tue)04:17 [編集]

☆まぁみさん

こんばんは~。
私も本屋でどっさり平積みされてるのを何回か見てます^^;
さすが東野圭吾。
「夜明けの街で」は私が読んだ東野圭吾の中ではさらっと読める本でした。
不倫する男の人の心模様ってこんなかんじなのかな?って思いましたよ~。

不倫もの、私も昔は見てました~。
実際に身近ではあってほしくないですね。

あにす | URL | 2010-08-24(Tue)22:47 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。